ポジティブ母さんの節約日記

アラフィフ、シングルマザーが、お金や暮らしについて綴ります。

【捨てる】白髪染めヘアカラーを捨てた理由はこれでした。

実はわたし、一昨年の年末を最後に美容室に行けなくなり、自分で髪の毛をカットしています。
理由はこちらをお読みくださいね。↓
髪は美容室でカットする思い込み。いいえ、自宅でできるんです。思い込みを外すと節約になるという話。 - ポジティブ母さんの節約日記

また、アラフィフともなると、当然、白髪染めもしなくてはなりません。
美容室へ行けていたころは、4ヶ月に1回くらい、ヘアマニキュアをしてもらっていたのですが、さすがにそれもできません。
そこで、染め始めたのが、市販の

ヘアカラーとヘアマニキュア。でした。
【目次】

ヘアカラーとヘアマニキュアの違い

ヘアカラーとは

ヘアカラーとは、永久染毛料といいます。
この永久染毛料とは、髪の毛の色素であるメラニンを脱色してから色素を浸透させます。
このタイプは1剤と2剤があり、1剤には、主にアルカリ剤、酸化染料、調色剤(カプラー)、直接染料などが配合され、2剤には、主に過酸化水素水が入っています。
まず1剤でキューティクルを開いて酸化染料が髪の内部に入ります。
そして2剤の過酸化水素水と反応して髪を着色します。
ツンとした匂いと、まれに頭皮にアレルギーを起こす方がいるため、事前のパッチテストがその都度必要です。
色持ちは約2ヶ月。

ヘアマニキュアとは

ヘアマニキュアは半永久染毛剤といい、酸性染料を使用します。
酸性染料がキューティクルに付着すると、表面についた色素の一部がキューティクルのすきまから内部に浸透して色がつく仕組みです。
暗い色を明るくは出来ませんが、明るい色(白髪)を黒くすることはできます。
かぶれや髪の傷みはほとんどなし。
色持ちは2週間から4週間です。

なぜ捨てるのか

どちらもお値段手頃で色よく染まるのですが、準備が面倒なのです。
ヘアカラーもヘアマニキュアも、色が皮膚につくと落ちないため、手袋必須。
もちろん服についても落ちないので、汚れても良い服に着替えます。
また、ヘアカラーに関しては、アレルギーの心配があるので、事前のパッチテスト(皮膚アレルギー試験)が必要です。

この、
1.手袋が必要
2.汚れても良い服に着替える
3.パッチテストする

という、3点が、自宅で白髪染めのハードルを上げてるんですね。

ヘアカラートリートメントは素手で使える物もある

そこで、もっと手軽に使える物がないか探したところ、ヘアカラートリートメントを知ります。

ヘアカラートリートメントとは

ヘアマニキュアに使われる酸性染料とは違う色素を利用して、染毛します。
このタイプのほとんどは使用前のパッチテストが不要。
トリートメントしていくうちに、徐々に白髪を染めていきます。
トリートメントタイプなので、頭皮にも優しい。
そして、素手で使える物もあります。

クチコミで評判のよかったルプルプを使ってます。


今はクチコミで評判の高かったルプルプを使ってます。
これは、トリートメントタイプなので、髪がしっとりするほか、何よりお風呂で素手で使えるのが楽ちんで良いのです。

お風呂場で使えるので、色が落ちる前にこまめに使えるのも良い。
ただ、始めはしっかり30分染めおきする時間が必要ではありますが。

ズボラなわたしにぴったりです。

ルプルプのサイトはこちらです。
≪ルプルプ通販サイト≫ツヤツヤ潤う白髪染め

もったいないけど捨てます


そんな理由で、ヘアカラーとヘアマニキュアは、まだ中身がのが残ってはいるのですが、「いつか使うだろう。」そのいつかは永久に来なさそう。
そう思って、スッパリ捨てることにします。

物を減らすには、こうやって割り切ることも必要ですね。

◎断捨離のモチベーションアップになります。

にほんブログ村テーマ 捨てる。へ
捨てる。
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
片付けて、プチストレスをなくしていく
収納・片付け
節約ライフ
断捨離でゆとり生活
おうちを片付けたい


◎節約と暮らしの参考にしています。
にほんブログ村テーマ 主婦のつぶやき&節約&家事etc...へ
▶︎主婦のつぶやき&節約&家事etc...
▶︎節約ライフ
▶︎◇家計簿*お金事情*◇
▶︎貯金、貯蓄、家計、お金に関すること
▶︎節約にチャレンジ!
▶︎ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

◎わたくし、えがさんの自己紹介自己紹介

◎ランキングに参加中。ぜひ、応援クリックお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ