ポジティブ母さんの節約日記

不登校児を支えるアラフィフ、シングルマザーが、お金や暮らしについて綴ります。

さすがのやましたひでこさんもギブアップ!5月28日放送、『住まいのダイエット』に共感しまくりです。

毎週恒例となりました、住まいのダイエット。
今日のコーチは、断捨離のやましたひでこさんでした。
断捨離 | やましたひでこ公式サイト

今回のお宅は隠れ肥満

今回のお宅は築4年の一戸建て。
お部屋の中もスッキリ片付いています。
ですが、引き出しや階段下の収納を見ると、ゴチャゴチャです。
まさに、隠れ肥満。
我が家と一緒です。

ここでもやました節が炸裂です。
「納めて片づけていると思っているんだけど違うの!
隠してるだけ!

あ、わたしもそうです!
と、思わず反省

納戸にとってあったものあるある

  • 新婚旅行で行ったエアーズロックに登った時の記念のバッグ
  • 娘さんの使わなくなったリュック

(人にあげることをこの時点で考えてはいけない)

  • 使ってないボタン電池

みんないらないBOXへ。

でも、でもね。
薬も思い出のバックも、使ってないボタン電池も、とっておくよね〜。

これもダメ?

依頼者が捨てられないモノ


2階に上がり、娘さんが選別していたバック。
これを依頼者が
「これはダメ!ママ作ったモノだからこれはダメ!」
あー、わかります!
わたしも自分が作った物を捨てられるのは悲しい😭
お次は赤ちゃんの時のおもちゃ。
「それ、思い出だから捨てたくないんだ」

わかるわかる。
やましたコーチの教え
使いたいかどうか。
という判断基準ははわかるけど、捨てられないんだ。コレが。

ついにやましたコーチ、ギブアップ

長年のキャリアを誇るやましたコーチも、予想を超えるモノの量にギブアップ!

「もうこっちはあきらめましたわ。さすがのやましたも」
と一言!

キッチンの反対側の引き出しは、やらずに終わってしまいました。

きっとやましたさん、うちに来ても同じことを仰るだろうな。

それでも、最終的には、250Kgのダイエット成功です。

まとめ

今回はただただ依頼者に共感ばかりする回でした。
やましたコーチの基準
使いたいかどうか
これに当てはめれば処分するものはたくさんでるはずですが、でも、やっぱり思い出が詰まっていると捨てられない。

今回の依頼者さんはその気持ちを乗り越えて250Kgの減量に成功しました。
でもわたしはその考え方を身につけるには、まだまだ時間がかかりそうだと思いました。

*『住まいのダイエット』見逃し配信はこちらから

住まいのダイエット|民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」



◎断捨離のモチベーションアップになります。

にほんブログ村テーマ 捨てる。へ
▶︎捨てる。
▶︎片付けて、プチストレスをなくしていく
▶︎収納・片付け
▶︎断捨離でゆとり生活
▶︎おうちを片付けたい

◎ブログレシピリレーがnoteになりました。

◎わたくし、えがさんの自己紹介自己紹介

◎ランキングに参加中。ポチっとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ