ポジティブ母さんの節約日記

不登校児を支えるアラフィフ、シングルマザーが、お金や暮らしについて綴ります。

娘が教室に入れなくなりました。悩みがあると、断捨離が進まないものですね。

実は2週間前から、娘がまた教室に入れなくなっていまして・・・。

原因は、3年生の新しい担任の先生の行き過ぎた指導によるものでした。
あれほどお願いしたにもかかわらず。


娘はその後、2時間目終了まで恐怖のあまり教室に入れず、なんとかその日は学校で過ごしたものの、翌々日には精神的ショックで38℃の熱と嘔吐、頭痛で治るまでに3日かかりました。

翌週月曜日、なんとか学校には連れて行ったものの、担任が怖くて教室へ入れず、それ以来2週間、別室で勉強する日々が続いています。

精神的につらいと、断捨離がすすまない


そんなわけで、わたしも1年前に逆戻りした娘の姿にショックが隠せず、娘の前では元気にしているものの、1年8か月の付き添い登校が台無しになったのがつらくて、気持ちも沈みがち。
娘が廊下で立往生している姿を見ていると、こんなはずじゃなかったと泣けてくる。

すると、断捨離する気がおきないんですね~。
毎日片付けを習慣化することができていたのですが、特にここ1週間は家に帰ると精神的に疲れ切って片付けられず・・・。

片付けは精神的バランスも大切なんだなと実感しましたが、いやー、参りました。

つらいときはかかえてはいけない


(c) .foto project

幸い、わたしには、娘が不登校になったときから、ずっと悩みを聞いてくれるママ友がいます。
また、ずっとわたしたち親子を見守ってくださっている、交通指導員のKさんがいます。

悔しくって悲しくってどうしようもなかったのですが、ママ友や交通指導員のKさんに一連の出来事を相談。
話を聞いてもらい、励ましてもらうことがこれほどありがたかったことはありません。

聴いてもらったことで、やっとブログにも書く気持ちになり、また、書くことで気持ちの整理がつきました。

起きていることは全て正しい

こんな時、いつも読み返すのが、勝間和代さんの
『起きていることはすべて正しい』
です。

この本の冒頭にはこんなことが書かれています。

この本は、私たちの身に起きたことの中から、どのように考え、決断し、行動すれば、どんな境遇にあっても不運すら幸運に変え、運を実力にできるのか。それを“メンタル筋力”と定義し、読者のみなさんが再現性高く身につけることができるのかを書きおろしました。

(メンタル筋力の根底にあるのは)、
起きていることはすべて正しいという私の座右の銘です。
これは、すなわち、
「いま起きていることを否定したり、こうだったらいいなあと夢想しても仕方がない。それよりは、起きていることから、何を学び取り、どのように行動すれば、いま一瞬のこの時間を最大に活用できるか」を考える技術です。

今起きていることを否定しても仕方がない。ここから何を学び取り、どのように行動すれば、この時間を最大に活用できるのか。

娘がまた、教室に入れなくなったことは仕方がない。
ここからまた、どうやって教室に入れるのか、
再発させないために、どうやって学校にアプローチしていくのか。

そこが大事なんですよね。

この土日は戦略を考えます。


(c) .foto project

もう、娘がいない時に泣くのはおしまい!
また、月曜日から別室登校が始まりますが、怖がりながらも登校してくれるだけ、救われます。
担任の先生のやり方には納得がいかないのですが、そうも言ってられません。
来週から、どうやってまた、教室に入れるように慣れさせるのか。
担任の先生の対応について、校長先生を交えてどうやって改善していくのか。
勝間さんの本を読みながら、冷静に考えていきたいと思います。


◎HSC育児のブログ村のトラコミュを作りました。
ぜひ、ご参加ください。

にほんブログ村テーマ HSC(ひといちばい敏感な子)子育て中へ
HSC(ひといちばい敏感な子)子育て中




◎わたくし、えがさんの自己紹介自己紹介

◎ランキングに参加中。ポチっとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ