ポジティブ母さんの節約日記

不登校児を支えるアラフィフ、シングルマザーが、お金や暮らしについて綴ります。

【首都圏お出かけ】ひよっこでおなじみ、新宿高島屋の『MINIATURE LIFE展 田中達也見立ての世界』は一見の価値あり。

朝ドラマニアのわたくし、今クールの『ひよっこ』も欠かさず観ています。
その、オープニング曲のタイトルバックの映像を作った、田中達也氏の写真展があると聞いて、先週末、行ってまいりました。

『MINIATURE LIFE展 田中達也 見立ての世界』

田中達也氏プロフィール

ミニチュア写真家
1981年熊本県民生まれ
2011年から日用品とジオラマ用人形をモチーフにして、日常のある物に見立てたアート
「MINIATURE CALENDAR」をインターネット上で発表。海外を含め人気を呼ぶ
2017年
NHK連続テレビ小説「ひよっこ」のタイトルバック担当

※チラシより引用

ひよっこのオープニングで毎朝おなじみのCGをこの田中達也氏が作っていたのですね〜。

チケット売り場が長蛇の列

場所は新宿高島屋の11階。
のんびりお昼ご飯を済ませて2時半ごろ娘と会場に到着しました。

すると、なにやら係の方が誘導しています。
「田中達也氏のミニチュアライフ展のチケットを買う方はこちらです!」

見ると長蛇の列!
チケットを買うだけで行列です。
約30分ほど並んで、チケットを買い、やはり大混雑の会場へ。

写真撮影OK

中に入ってまず目につくのは、写真撮影OKの表示

普通、写真展や美術展は写真撮影NGですよね。
ですが、この写真展は写真撮影OK。

SNSで展覧会の様子をシェアしよう

なんてことも書かれてるんですよ。

だから撮影する人だらけ。

わたしも、娘にスマホを奪われ、娘が撮りまくっていました。

作品をいくつかご紹介

『甘島(あまとう)』

『問題の解き方は人それぞれ』

『ステープライブラリー』
ステープラーとライブラリーを掛けたんですね。

ひよっこでおなじみ
『新パン線』

『地球は甘かった』
「地球は青かった」のシャレ???

ひよっこでおなじみのシーン
『畳の畑』

あとですね。

会場の片隅に作品名もなく、さりげなくこのミニチュア人形が座っていました

本物の照明のスイッチです。

探してみてくださいね。

最後はひよっこファミリーがお見送り

お土産屋さんも大混雑

とにかく人が多くて大変でした。

開催期間入場料 割引など

会期

9月1日(金)〜9月12日(火)
午前10時〜19時30分(20じ閉場)
8日、9日は20時まで(20時30分閉場
最終日は17時30分まで

入場料

一般800円 大学・高校生 600円 中学生以下無料

割引

割引はこちらのサイトから割引クーポンがもらえます。
MINITURE LIFE展 田中達也 見立ての世界

また、タカシマヤクレジットカード会員、友の会会員の方は優待があります。

アクセス

新宿タカシマヤ11階
新宿タカシマヤ| 地図・駐車場

JR「新宿駅」新南改札・ミライナタワー改札より徒歩2分、

都営新宿線・都営大江戸線・京王新線「新宿駅」より徒歩5分。

東京メトロ副都心線「新宿三丁目駅」より徒歩3分。(地下1階地下鉄口直結)

バスタ新宿より徒歩2分。

まとめ

わたしが行ったのが週末だったので、混んでいたと思うのですが、それでもとにかく面白い!
大人から小さなお子さんまで楽しめます。
数々のクスっと笑える100を超える作品を観られる展覧会、行く価値ありです。
特に8日9日は夜20時までとちょっと延長されるので、気になる方はぜひ行ってみてくださいね。

また、今回見逃した方、大阪は梅田の大丸百貨店でも、9月20日〜10月2日まで、開催されるそうです。
お楽しみに。
MINIATURE LIFE展 | 大丸ミュージアム<梅田>

以上『MINIATURE LIFE展 田中達也見立ての世界』のご紹介でした。

◎会場に行けない方は写真集もあります。

◎わたくし、えがさんの自己紹介自己紹介

◎ランキングに参加中。いつもありがとうございます😆

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ


◎こちらからも、更新情報お届けしますよ〜。

◎お問い合わせはこちらから
お問い合わせフォーム