ポジティブ母さんの節約日記

不登校児を支えるアラフィフ、シングルマザーが、お金や暮らしについて綴ります。

【本の感想】投資初心者におススメ。『ラクして増やそう!バラつみ投資』でバランスファンドの継続を決めました。

以前、セゾン投信の記事で、バランスファンドを継続した方がいいか悩んでいることをかきました。

あれから、ずっとほったらかしていたのですが、その答えを、この本でみつけました。

また、iDeCoやつみたてNISAについてもわかりやすく触れていますので、まだ、口座を開いていない方にもおススメですよ。

今日はその『ラクして増やそう!バラつみ投資』をご紹介したいと思います。

カン・チュンドさんプロフィール

1968年生まれ、兵庫県出身の在日コリアン3世
晋陽(しんよう)FPオフィス代表
日本で唯一のインデックス投資アドバイザー
1999年、CFPファイナンシャルプランナーの資格を取得後、2000年に晋陽FPオフィスを設立。
2003年よりマネ缶スクール代表講師。自所セミナー開催回数は300回を越える。笑いを取り入れたエネルギッシュなセミナーには定評があり、東京証券取引所、日本経済新聞社、ソニー中央労働組合、野村證券、松井証券、SBI証券、セゾン投信など多数の講演実績を持つ

*著者プロフィールより、抜粋

マネ缶スクールは、娘が不安障害になる前に、一度参加したことがあり、とてもわかりやすかったです。
最初のスタンダートコースを受講して、次のコースも受講しようと思っていた矢先、娘が不安障害を発症。未だに次のコースを受講できないという経緯があります。
スタンダートコースは、初心者向けに投資信託をわかりやすく教えてもらえるので、最初の一歩にオススメですよ。

バランスファンドの利点

わたしは、インデックスのバランスファンド、2本に投資しています。
一つはセゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
そしてもう一つがeMAXISバランス(8資産均等型)です。

はじめにもかきましたがどちらも信託手数料が高く、このまま続けるべきか悩んでたんですね。

ですが、この本を読んで、やはりほったらかしなら、このまま継続するに限ると実感しました。

著者はいいます
バランスファンドの一番のメリットは

いつも同じ「配分割合」で投資が続けられます。
「資産比率のズレを元に戻す作業(リ・バランス)」は、ファンドの運用会社が随時行ってくれます。

バランスファンドなら、一度買ったら持ち続けるだけでよいのです。
そして、背中に背負うリスクの量はいつも同じです。
投資のメンテナンスまで専門家(運用会社)に委ねるため、バラつみ投資は至極シンプルになるのです。

これこそ、本書が目指す「やさしい投資」「シンプルな投資」なのです

とにかく、リ・バランスなんで難しいことはしたくない。ほったらかしておきたいわたしには、バランスファンドがピッタリなのですね。

わたしがインデックス投資を始めたときは、信託手数料が高めのものしかなかったのですが、最近は0.2%代のものもあるので、iDeCoや子どものNISAで検討したいと思います。


≪広告≫



税制優遇口座の使い方


わたしが困っていたことに、確定拠出年金(iDeCo)と、つみたてNISAの扱い方がありました。
どちらも税制優遇がポイントですが、どっちを選んだらいいのか?
もしくは、どちらも投資した方がいいのか?
現行のNISAとどう区別したらいいの?
そして、どこの証券会社がいいの?

それについても、どういう位置付けでこの口座を持ったらいいか、カンさんがわかりやすく教えてくださいます。
ぜひ、この章はご一読ください。

今、わたしはiDeCoの運用はできませんが、運用できるようになったら、、この章を参考にしようと思います。

トータルの資産の管理方法

この章では、「貯金」と「投資」の割合について具体例を出して、説明しています。

「投資」「リスク量」と称して、そのリスク量を明確にすることで毎月の「投資」を多くするのか、リスクの少ない「貯金」を多くするのかを考えるのですね

投資金額が増えてきたら、この章の資産のバランスを考えたいと思います。

投資信託の引き出し方


以前参加した、カンさんのマネ缶スクールで、言われたことがあります。
「お金が必要になったら、投資信託から少しづつ必要なお金を解約する。でも、運用は辞めない。毎月コツコツ積み立てれば、少しづつでも口数が増えていく。」

わたしが無職になっても、積み立て投資をやめない理由には、この時のアドバイスがありました。

それが、この本でも同じことが書かれています。
しかも、貯金と投資の引き出しバランスについてシンプルに書かれています。
老後、お金が必要になったとき、どうやってお金を引き出せばいいのか。
貯金は減る一方と思っていた老後ですが、少しづつ資金を運用することもできる。

その中でわたしがすぐに実践できそうなのが、これでした。
SBI証券の「投資信託定期売却サービス」です。
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-

毎月定額で「しくみ」が投資信託を自動解約してくれるサービスがあるのです。

今のところ、SBI証券のみで使用可能ですが、「投資信託定期売却サービス」といいます。
最初に毎月の解約金額「2.8万円」を設定しておけば、あとはしくみが自動的に取り崩してくれます。

なんとなんと、わたしが口座を開いているのは、SBI証券なのですよ。
こんなサービスがあったなんて…。
生活費はずっと貯金から取り崩していたのですが、今後は投資信託からも引き出そうと思います。
SBI証券


まとめ

いつも読んだあと思うのですが、カンさんのご著書は本当にわかりやすい。
数字の苦手なわたしでも、全体像がよくわかるのです。
今回の本もわたしの謎だったことの答えがありました。

  • リ・バランスしたくなければバランスファンド
  • 「投資」はリスク量と考える。そのリスクをどれだけ持てるかで投資と貯金の割合を考える。
  • 投資信託と貯金も割合を考えて運用しながら引き出す

この点を踏まえながら、わたしに合うバランスファンドを中心につみたて投資は少額でもやめずに続けていこうとおもいました。

今日ご紹介した本はこちら


この本もオススメです。

100円から積み立てられる、SBI証券はこちらから→SBI証券

にほんブログ村テーマ 初心者のための、マネー入門!へ
初心者のための、マネー入門!
にほんブログ村テーマ 楽しく長期で資産運用♪へ
楽しく長期で資産運用♪
にほんブログ村テーマ 貯金、貯蓄、家計、お金に関することへ
貯金、貯蓄、家計、お金に関すること


◎よろしければ応援ポチをお願いします。いつもありがとうございます😊

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ


◎こちらからも、更新情報お届けしますよ〜。