ポジティブ母さんの節約日記

不登校児を支えるアラフィフ、シングルマザーが、お金や暮らしについて綴ります。

【本の感想】『なぜ「教えない授業」が学力を伸ばすのか』が目からウロコの教え方でした

Kindleセール中に、たまたま気になった一冊
なぜ「教えない授業」が学力を伸ばすのか

今日はこの本をご紹介したいと思います。

著者プロフィール

山本崇雄 (やまもとたかお)氏
東京都両国高等学校・附属中学校教務主任
1970年東京都生まれ
1994年より公立中の教壇に立つ。
2006年東京都立両国高等学校に赴任。
同年新設された附属中学校で英語を教え、現在に至る

教えない授業を実践したのは公立の中高一貫校

まず、驚いたのは、この教えない授業というチャレンジを、公立のでやっているということです。

この都立両国高等学校は、1901年創立以来100年以上の歴史を持つ超名門校です。その附属の中学校が、教えない授業というチャレンジを行った。
これはすごいことですよね。

普段、娘と小学校に通っていて、娘の居場所を作るために散々学校側にお願いしてきたのですが、画一的な、保守的な回答しか得られず、学校というところはなかなか冒険しない場所だと思っていたからです。

ところが、この「教えない授業」を都立両国高等学校と附属の中学校で実践している。
そして毎年東大始め名門大学合格者を輩出するくらい成果も出している。
この方法を始めた山本先生もすごいし、それを許可した元校長先生の裁量も素晴らしい。
公教育に疑問を持っていた自分にとって、明るい未来となりました。

教えない授業とは

ここで、疑問が湧きます。
教えない授業って何?

教えない授業とは

著者はこのように言ってます。

「教えない授業」は、アクティブ・ラーニングの手法で行われる
生徒が主体となって行う授業です。

アクティブラーニングの手法で行われる、生徒が主体となって行う授業

ここで難しい言葉がでてきました。
アクティブラーニングって?

アクティブラーニングとは

f:id:egao700:20171109161543j:plain

アクティブラーニングの文科省の定義

「教員による一方的な講義形式の教育とは異なり、学修者の能動的な学修への参加を取り入れた教授・学習法の総称。学修者が能動的に学習することによって認知的、倫理的、社会的能力、教養、知識、経験を含めた汎用的能力の育成を図る。発見学習、問題解決学習、体験学習、調査学習等が含まれるが、教室内でのグループ・ディスカッション、ディベート、グループ・ワーク等も有効なアクティブ、ラーニングの手法である」

要は、学習者が能動的に学ぶことで、認知的、倫理的、社会的能力、教養、知識、経験を含めた汎用的能力の育成を図ることです。

まとめると

教えない授業は学修者が能動的に

  • 発見学習、
  • 問題解決学習、
  • 体験学習、
  • 調査学習等
  • 教室内でのグループ・ディスカッション、
  • ディベート、
  • グループ・ワーク

などの手段を使って、生徒主体で授業を行うこと
これによって自立した学習者を育てること

ということです。
主体的、能動的がポイントです。

実際の授業は

このように生徒が主体的になるように、実際の授業では、
生徒が2人1組でペアになり、課題ごとに教えあったりします。
一つの課題が終わると、フォークダンスのようにくるくるペアが交代するのです。
学年の最後には、生徒が先生役になって授業もするそうです。

広告


先生はファシリテーター

ここでは、先生はファシリテーター(司会進行、まとめ役)授業を円滑にする舵取り役になるのです。

先生がファシリテーターなので、一方的に教壇の上から話さない。
教室の後ろから生徒を見守っているそうです。
これでは放任しているようにならないのでしょうか?

「教えない授業」では、生徒同士の活動の時間が増えるので
教師には生徒をじっくり観察する時間が生まれます。

こうして見守っていると、生徒の人間関係がよく見えるようになります。

うまくいかない原因が学級内のトラブルであることも多いので、早い段階でトラブルを見つけ、悩んでいる生徒の相談に乗ることもできます。

「教えない授業」は一見すると放任しているようですが、教室の中での教師の役割は多く、教師と生徒の距離はより近づいていくのです

見守ったほうが、より生徒一人一人をよく観察することができ、人間関係はじめ、さまざまなトラブルの相談に乗ることができる。

生徒に活動させている時は、生徒のいいところを見つけるチャンスなのです。

「教えない授業」をすることによって、より生徒の個性を伸ばしてあげることができるのですね。
こう考えると、世の先生方はいかに講義型の授業をすることによって、余裕をなくしているのでしょうか?
娘の小学校を見ていても、先生方に時間がないのは、傍目にもよくわかるので、この、授業中生徒を見守る余裕があれば、先生も生徒一人一人と向き合う余裕が生まれ、娘の身に起こったことも未然に防げたのではないか。
そんな風に思います。

大学入試に通用するの?


大学入試に通用するの?
親としてはそこが心配です。

ですが、その心配は無用のようです。

教えない授業は答えが一つではない問題に解を見つける能力を育てることができます。これは、大学入試改革で求められる能力ですが、「教えない授業」は現行の大学入試でも効果を挙げています。

このように、「教えない授業」を始めてからも、毎年多くの有名大学に生徒たちが進学しています。
また、文科省が行なっている教育改革の考え方にも、「教えない授業」による主体的な学びは生きてくるといいます。
まさに時代に合った教え方なんですね。

家庭でできる「教えない授業」

f:id:egao700:20171109161202j:plain
この他にもさまざまなメリットのある「教えない授業」
、実際に受けたいけど両国高校には通えない。そんなご家庭のために家庭でできるさまざまな教えない教育も書かれていました。

例えば家族で出かける時に「問い」を立てる

親子で美術館に行くとします。
展覧会のウェブページからは様々な情報が得られます。出かける前に「問い」を立てれば、絵を見ながら特徴を探し出すでしょう。

ディズニーランドに行く機会があれば、「なぜディズニーランドには時計がないんだろう」「なぜディズニーランドにはトイレの案内表示がないんだろう」といった「問い」が立てられます

これについて、ディズニーランドに行った時に議論すればいいのです。

なるほど、出かける前に「問い」を立てる。
実際に現地に行って、その答えを親子で見つける。
ゲーム感覚もあるし、楽しそう。
そうなるとお出かけも全てが学びにつながりますね。

その他、

  • 勉強しなさいと言わないことから始める
  • ポジティブな言葉で終わる言葉がけ
  • 子供に伝えたい4つのキーワード

などなど、実際の親御さんの体験談も踏まえた、参考になるアドバイスがいっぱいでした。

できるところから、心がけていきたいです。

まとめ

「教えない授業」って何?
そんな疑問から読み始めた本でしたが、実際に今学校で行なっている授業のことを書かれているので、説得力があります。
山本先生は、今年初めて中学校から6年間教えた生徒さんが卒業されたそうです。この、山本先生の教え子の皆さんが、将来どんな社会人になっていくのか、今からとても楽しみでもあります。
また、ここに書かれていた家庭でできる「教えない授業」を取り入れて、主体的、能動的に考え、動ける子に子供もなってほしいと思いました。

◎よかったらポチッとお願いします。いつもありがとうございます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

にほんブログ村テーマ 今日の読書日記へ
今日の読書日記
書評、レビュー
本・感想・評論・レビュー

◎不登校ブログも書いてます。
ポジティブ母さん今日も行く〜不登校からの復活

◎こちらからも、更新情報お届けしますよ〜。