ポジティブ母さんの節約日記

不登校児を支えるアラフィフ、シングルマザー。ところが乳がんが見つかった。持ち前のポジティブ思考で乗り越えます。

スーパーJチャンネル「急増、ゴミ出し困難者」の特集を見て、自分も将来そうなるかも。と考えさせられた。

昨日、テレビ朝日のスーパーJチャンネルで、
「分別複雑で重く遠く … 急増、ゴミ出し困難者」
というニュースを取り上げてました。

出典: http://www.tv-asahi.co.jp/super-j/sphone/

内容


番組では高齢者が自宅からでる生活ゴミを集積所まで運ぶのが、体力的に次第に困難になる。それにどう対応していくか。というものでした。

高齢者の現状


番組には、83歳の脚が不自由な一人暮らしの女性が出演。
家から自宅の玄関前の収集場所に、重い新聞紙の束を運ぶのも一苦労という状況を取材していました。
83歳といえば、わたしの同居している母と同じ歳。
幸い母は、若い時に比べて足の筋肉が落ちてきてはいるものの、まだ、なんとかゴミ出しはできる状況。
でも重いものはわたしが持っていってます。
それが脚が不自由な状況ならどんなに大変でしょう。
その女性は、重い新聞の束は持たずに引きずっているそうです。

街の声を拾うと、やはり70歳以上の方はゴミ出しは大変なので、少量なら今日はいいかとなる日もあるとか。

近年のゴミ屋敷問題も、実はゴミを集積所に出しにいけないために、その量がどんどん増えて、しかし人に相談できず、一人で処理できなくなるのでは。
との専門家の意見がありました。
≪広告≫



ゴミ出しの助っ人

番組では2つの事例を紹介してました。

  • 一つは御用聞き
  • もう一つは東京都八王子市のゴミ出し支援

御用聞きとは

御用聞きとは
御用聞き
首都圏の団地群を中心に5分100円から家事代行などをやってくれる便利屋さん。
番組では、この御用聞きさんにゴミ出しを依頼している方がいました。
5分100円なら安いもの。
ゴミ出しは大体週3回くらいで、まとめておけば5分か10分で完了します。
近くにこういう安価に利用できる民間のサービスがあるなら、どんどん利用したいものです。

八王子市のゴミ出し支援


東京都八王子市では、ごみ出しが困難な身体障害者・高齢者世帯を対象に「ふれあい収集」というゴミ出し支援をしているそうです。
[ごみ出しが困難な身体障害者・高齢者世帯を対象に「ふれあい収集」を行います|八王子市公式ホームページ
このふれあい収集を申請すると、自宅の玄関先や集合住宅の通路まで、ゴミを取りに来てくれるのです。

自治体がこういうサービスをやってくれると、お金がかからず、また気軽に頼めていいですね。
ただ、まだこのゴミ出し支援サービスを行なっている自治体は、少ないそうです。

そういえばわたしの住んでる市は?
と調べてみたら、議会で提案されてはいるが、まだ実施には至らないみたい。

将来わたしもゴミ出しが困難になるかもしれないですし、こういう生活支援は、早く全国に広がって欲しいですね。

まとめ

このニュースを見て、やっぱり断捨離は今から始めて早すぎることはないな。と思いました。
寿命は伸びていますが、体力は
長生きに比例して、どんどん落ちてきます。
歳をとって自分で捨てられなくなる前に、体力、気力のある今、いらないものとはドンドンお別れしていかないといけないな。改めて思いました。


◎わたくし、えがさんの自己紹介自己紹介

◎ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

人気ブログランキング



◎こちらからも、更新情報お届けしますよ〜。