ポジティブ母さんの節約日記

不登校児を支えるアラフィフ、シングルマザー。ところが乳がんが見つかった。持ち前のポジティブで乗り越えます。

シングルマザー、がんになったわたしが今頼りにしている保険と社会保障制度

7月に申請していた、児童扶養手当支給、振込のお知らせが、やっときました。

全額支給で4ヶ月分なので、約16万円です。

この年末に有難いお金(泣)

最近セーフティーネットを使いまくりのわたくしです。

まさか乳がんになるとは思わず、慌てて入った医療保険と継続していたがん保険がここで役に立っています。

そこで、私が今、頼りにしている社会保障制度について、ご紹介しますね。

社会保障制度とは


社会保障制度とは、国家や公的機関が、個人や人の責任や努力だけでは対応できないリスクに対して、相互に連帯して支え合い、それでもなお困窮する場合には必要な生活保障を行う制度のことです。「社会保障」「社会福祉」「公的扶助」「公衆衛生及び医療」の4つの分野ががあります

わたしはその中で、
・児童手当
・児童扶養手当
・ひとり親家庭医療費
・就学費援助制度
・失業保険受給期間の延長

を受給しています。

以下、気になる方は各自治体でご確認くださいね。

児童手当

中学校修了までの児童1人につき月額1万5千円または1万円を支給される。ただし、所得制限限度額以上の人には特例給付として児童1人につき月額5千円を支給。

児童扶養手当

父母が離婚するなどして父又は母の一方からしか養育を受けられない一人親家庭などの児童のために、地方自治体から支給される手当。所得制限がある

ひとり親家庭医療費

父子・母子家庭等のひとり親家庭の経済的負担を軽減するため、親又はお子さんが医療機関を受診した場合の医療費の一部負担金を県と市町村で助成する制度。

この制度をわたしは7月に申請したんです。
そうしたら、9月に乳がんでしょ?
ありがたいことにこの制度のお陰で、高額な化学療法も、お金の心配なく、受けることができるのですぅぅぅ。
抗がん剤治療、1回で約3万円ぶっ飛びますから。もうビックリ‼︎

でも、国民健康保険で3割負担で抗がん剤治療が受けられる日本って、ありがたい国ですね。

広告



就学費援助制度

就学援助制度は、小学校・中学校に通う子どもが経済的理由で学校で勉強できる機会を失わないように、文具や教材、給食などの費用を援助してくれる制度。
所得制限があります。


この制度、各自治体の判断のようで、私の場合、無給になった段階で申請したら、審査を通り、昨年度から受給しています。
給食費も結構バカにならないので、もし、所得制限の範囲内なら、申請したほうがいいですよ。

失業保険受給期間の延長

30日以上引き続いて疾病又は負傷のために職業に就くことができないとき
受給資格者の申出によって、基本手当の受給期間を最大4年間まで延長できる制度。



これは、失業してからすぐに申請。わたしの場合は娘の介護が理由でした。娘の付き添いで就活さえできませんからね。
4年間は受給を延ばせることになってます。
働けるようになったら、すぐにハローワークに行かねば!

その他の保険


この公的制度の他に、co・opの医療共済とずっと継続しているがん保険がありまして。

あと、慌てて入った生命保険ね。

医療保険はどちらも、手術後の病理検査の結果がでないと申請できないお金なのですが、とりあえず、入院費もこれでまかなう予定です。

今思えば、退職の時に新たに入ってて、ほんとによかった。

まとめ


(c) .foto project

以上わたしが受給している、社会保障制度のお話でした。
がんになって、改めて医療保険の大切さと、公的制度のありがたみを知る四十路女。

税金はちゃんと払おう。そう思ったのでした。

◎保険の見直ししならこちらの無料相談が便利です。
厳選した保険ショップだけを掲載!保険ショップマンモス
担当FPの人柄と経験で選ぶなら【保険ガーデン】

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ


乳がんランキングへ

にほんブログ村テーマ ◇家計簿*お金事情*◇へ
◇家計簿*お金事情*◇

明るく楽しくシングルマザー&ファーザー♪

乳がん

病気、症状

◎自己紹介はこちら自己紹介