ポジティブ母さんの節約日記

不登校児を支えるアラフィフ、シングルマザー。ところが乳がんが見つかった。持ち前のポジティブ思考で乗り越えます。

わさおのお母さんが亡くなったという記事を見た

「ブサかわ犬」のわさお 菊谷節子さんの告別前夜祭に行かずお店に - ライブドアニュース
news.livedoor.com


ブサかわ犬、わさおのお母さんの菊谷さんがお亡くなりになったそうです。


菊谷さんは、わさおの事を心配し、わさおに家族を作り、また、自分が亡くなった後も、仕事は従業員で回るようにし、わさおたちの世話も、従業員4人でするようにしておられたそう。

そして何より
「母はわさおで町を元気にしたいと言っていた。」
と、街のことを考え、
「わさおを見に来る人をがっかりさせないためにも自分に何があっても店を休むな」と遺言を残していた

そうです。

自分のことより街のこと。
わさおや従業員のこと。を考える。

素敵だな。

そんな人生を送りたい。

実はわたしも、四十路を過ぎたころから、仕事上でもその他のことでも、何か自分の経験が、周りや後輩の役に立てないから、そんなことを考えながら、仕事をしてきました。

仕事上では、ワーママの立場で後輩ママさんのお役に立ちたいと、そんな部署に異動希望を出し、異動。
残念ながら、結局なにも貢献できずに、娘の為に退職。

しかし、今の立場になってからも、何か周りに貢献したいという気持ちは変わらずにいます。

菊谷さんの記事を見て、改めて、わたしの得意なことで、周りに貢献できることを探そう。

そう考えました。

例えば、毎日学校にいるので、娘の様子を見ながら、PTA活動のお手伝いをする

とか

娘と参加できそうな地域のボランティア活動に参加する
(これは娘の為にも良さそう)

とかね。


そんな気付きを下さった記事。

菊谷さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

◎よかったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ


乳がんランキングへ

◎自己紹介はこちら自己紹介