ポジティブ母さんの節約日記

不登校児を支えるアラフィフ、シングルマザー。ところが乳がんが見つかった。持ち前のポジティブ思考で乗り越えます。

【乳がん記録9月〜11月⑩】上腹部超音波検査と脇のリンパ節の再検査

乳がん治療までの記録です。
前回の記事はこちら

最初から読みたい方はこちらからどうぞ


10月最終週、やっと上腹部超音波検査です。

乳がんが見つかってから、ひと月と十日経っています。

まだ、検査です。長いです。

上腹部超音波検査とは

この検査は、乳がんで転移を起こしやすい、腎臓を中心に、肝臓、胆嚢、胆管、膵臓、脾臓、大動脈を観察する検査です。
超音波なので、無害で痛みなし。

ただし、検査予約時間の5時間前から禁食、水分は1時間前まで。
水分も、5時間前から水のみです。

ちょっとだけ制限があります。

検査の流れ


検査は、胸の超音波の時のように簡単でした。

1.検査室でベッドに仰向けにになり、お腹を出します。
服は脱ぎません。

2.超音波を通しやすくするため、ゼリーを塗ります。
ゼリーはヒヤッとしないように体温くらいに温めてあります。

3.検査は15分くらいでした。

この間も、娘は検査室同席です。
ここは本当にありがたいです。

この日はこの検査だけで帰宅。
家がちょっと遠いので、子連れにはつらい。

翌週、脇のリンパ節の再検査

そして、翌週は、以前の病院ではっきりしなかった、脇のリンパ節の針生検です。

検査の流れ

検査室は超音波の検査室。
有難いことに、娘はまたまた同席させてもらえます。

もちろん、超音波なので、食事制限なし。

はじめに、超音波で脇の怪しい細胞を確認します。

その後、注射針状の物を細胞に刺して


グリグリかき回されましたー!


痛いって!

前回は注射針のようなもので刺すだけだったのですが、今回は長い!そして痛い!

でもしっかり細胞を取って、がんがいないか調べてもらわないとね。

この結果によって、やっとがんのステージが決まり、手術が先か抗がん剤治療が先か、治療方針がやっと決まるのでありました。

検査結果は11月まで持ち越しです。


◎乳がんの日々のつぶやきはこちらから

◎よかったら、応援クリックお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ



◎自己紹介はこちら自己紹介