ポジティブ母さんの節約日記

不登校児を支えるアラフィフ、シングルマザー。ところが乳がんが見つかった。持ち前のポジティブ思考で乗り越えます。

【本の感想】子供にも伝えたい。『まんがでわかる地頭力を鍛える』を読んで、AI時代の地頭力の重要性を理解しました。

巷では、地頭力が大事だとよく言われます。
地頭力があると、社会にでてもただ一流大学を出ただけの学歴エリートと比べ、仕事ができるとよく言われます。
地頭の良さはAIも超えるとも⁈

でもさ、地頭力って何?
娘にこう聞かれて、答えられない自分がいました。
そこで本屋で偶然見つけたのがこの本
『まんがでわかる地頭力を鍛える』細谷功著
です。

細谷巧氏プロフィール

(本書より引用)
ビジネスコンサルタント
((株)クニエコンサルティングフェロー。東芝を経て、アーンスト&ヤング、キャップジェミニ等の米仏日系コンサルティング会社にて業務改革のコンサルティングに従事。
問題解決や思考力に関する講演やセミナーを企業や各種団体、大学等に対して国内外で実施。
主な著書に『地頭力を鍛える』『アナロジー思考』『問題解決のジレンマ』(東洋経済新報社)『具体と抽象』(dZERO)『アリさんとキリギリス』(さくら舎)等がある。

問題解決や思考力の第一人者なんですね。
いつかセミナーを受けてみたいです。

そもそも地頭力って何

地頭力って最近よく聞きますが、そういえば、地頭力ってどういう意味なんでしょう。

この本には、家具デザイナーとして商品企画を担当した川口美鈴という主人公が、実績をあげられずに苦情受付課に異動したところから始まります。
そこで、社長からの全社員に向けた質問に、川口美鈴は1ヶ月かかった解答を、同期でエースの広澤大和がたった10分で解答したことから、地頭力を知るのです。

ここで、主人公と同期の広澤大和くんが語ります

「地頭力とは
未知の領域で問題解決していく能力だ。」

未知の領域で問題解決??
そんなこと、考えたこともありませんでした。
また、具体的な3つの思考力についてもおしえてくれるのです。

地頭力は鍛えることができる

また、広澤くんはこうも言います

「いつからでも、地頭力は鍛えることができる。俺だって鍛えたんだ」

地頭力はいつからでも鍛えることができる。
ということは、アラフィフの私も今からでも遅くないってことですよね。
ま、この話は置いておいて、ここから美鈴の成長が始まるのです。

主人公美鈴と一緒に成長できる

さて、このあとは美鈴の成長物語をお読みいただきたいのですが、美鈴が3つの思考力を理解するのと一緒に、自分も理解できるのです。
この本を読んだだけでは地頭力をすぐに使えるとはなりませんが、この考え方を知っているか知らないかで、この後の自分の成長がそこまでか更に伸びるかの分かれ目になる気がします。
自分自身の成長と、娘の地頭力を育てる為に、巻末に地頭力を鍛えるためのBookListも載っていたので、他の本も読んで実践につなげたいと思いました。

◉過去のおススメ本はこちらから
本 カテゴリーの記事一覧 - ポジティブ母さんの節約日記

◎よかったら、応援クリックお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

乳がんランキング

にほんブログ村テーマ 今日の読書日記へ
今日の読書日記
書評、レビュー
本・感想・評論・レビュー


◎自己紹介はこちら自己紹介