ポジティブ母さんの節約日記

不登校児を支えるアラフィフ、シングルマザー。ところが乳がんが見つかった。持ち前のポジティブ思考で乗り越えます。

退院しました。でも乳がんはこれからがスタートです。

金曜日、右乳房全摘とリンパ節郭清手術が終わりました。
乳がんサバイバーの友人に言われたとおり、回復も早いもので、手術翌日から通常食。
病院側の我が家に対する配慮もあり、昨日、退院しました。

ここまでの道のり


昨年8月にしこりを見つけてから抗がん剤治療開始まで4カ月。
診断は
浸潤性乳管がん 腋窩リンパ節転移あり
ステージ2b

抗がん剤治療は

  • CEF療法4クール
  • ドセタキセル4クール

約5カ月
抗がん剤の治療効果で19ミリあったしこりが画像上はほぼ消失
MRIで見つかったもう一つのしこりも縮小
ステージは2b→2aへ
そして6月にやっと手術にこぎつけました。

温存か全摘か


わたしの場合、右乳房にあったしこりが離れた場所に二つあったため、部分切除という選択肢はない、全摘だと言われました。
自分で触って見つけたしこりは1つだけだったので、やはり検査は大切です。

今後の治療


病理検査の結果が6週間後に出ます。
ここで、リンパ節転移のがん細胞が4個以上の場合
放射線治療→ホルモン治療5年〜10年

リンパ節転移のがん細胞が3個までの場合
ホルモン治療5年〜10年

となります。

いずれにしても、ここからがまたスタートです。

再発のリスク

乳がんステージ2の5年生存率は90パーセント以上です。
国立がんセンター がん情報サービスより
乳がん 治療の選択:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ]

ただし、乳がんでは比較的早い段階から検査では見つからない転移が起こりやすいとされています。
その転移が10年経過して見つかることもある。
特にわたしの場合、リンパ節転移が見つかっているため、抗がん剤治療をしていますが、再発のリスクを常に頭にいれなくてはなりません。

手術が終わってよかった。
でも、それで終わりではない。

たくさんの乳がんサバイバーさんは、常に心の片隅に再発のリスクという不安を抱えているんですね。
この立場になるまでわからなかったなあ。

おわりに

思い返せばこの3年間ほど大変な時期はなかったので、病気になったのもわかる気がします。
でも乗り越えた今、もうこの時ほどのストレスは溜めない変な自信があります。

この3年間の厄はがんと一緒にとってしまったので、再発させない生活を送りたい。いや、送るぞ!

その為に乳がんについてまだまだ勉強です。

◎ぜひ、応援クリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

乳がんランキング

にほんブログ村テーマ
病気、症状

病気だけど元気だぞっ!(^-^)v
乳がん



◎自己紹介はこちら自己紹介