ポジティブ母さんの節約日記

不登校児を支えるアラフィフ、シングルマザー。ところが乳がんが見つかった。持ち前のポジティブ思考で乗り越えます。

【乳がん日記】退院してから困ったこと

今日は私の住んでいる地域は雨模様。
こんな日はなんとなく気持も晴れないものですよね。
月曜日に退院したわたしですが、退院したら退院したで、いろいろ大変でした。


なぜ、早めの退院になったのか

わたしの乳房切除とリンパ節郭清手術の場合、手術翌日からだいたい8日目が退院日です。
退院の目安は、切除した空間に貯まる排液の量が50cc以下になったとき。
この排液は入院期間中ずっとドレーンから透明なバックに貯められて量を1日1回計測します。

ただ、ドレーンとバック、自宅管理ができるんです。
排液の量は個人差があるため、長引く患者さんはこのドレーンとバックを身に着けて帰ることができるのです。

で、私の場合、やはり、娘がわたしと離れて祖母と家に帰れそうになかったからというのが大きな理由でした。
帰宅できたとしても、毎日面会時間には祖母と一緒に片道1時間半かけて会いに来てくれることになる。
しかし、祖母(私の母)の疲れ切った様子を見ていると、とても体が持ちそうになく。

また、病院側も、我が家の事情をずっと前から知っているので、手術前から
「最短ドレーン持ち帰りで3泊4日で退院できますよ」

「え!3泊4日?」

正直冗談かと思っていたのですが、主治医から、手術の翌日から
「もういつでも退院していいですからね」
と言われまして。

結局4泊5日で退院です。

退院して困ったこと

退院してから意外に大変なことがありました。

かぶるタイプの服が着られない

退院するときに、もしかしたらドレーンとバックを持ち帰りになるかと思って、チュニックタイプの服を用意してたんですね。

こんな感じです。(イメージです)


これ、用意していって本当によかった。
バックを服の裏側に隠していけたから。
また、手術直後は腕が痛くて上がらないので(未だに痛い)、かぶるタイプの服は全く着られない。
このチュニックだったら首がボタンで大きく開くので、腕も通しやすい。
本当によかったです。

でもこれだけじゃ足りないので買い足しです。
これでしばらく乗り切ります。


ブラジャーも前開き

術後3日しか経ってなかったので、まだ傷口が痛み、カップ付きキャミソールもなんとなくつけづらい。
前開きの胸帯は病院で1つしか買ってなかったので、洗い替えがない。
でもね、病院で売ってるのはいいんだけど高いんですよ。
そこで慌てて、買いましたよAmazonで。
探すと安くていいものがいっぱいあるんですよね。乳がん専門の下着専門店に行かなくてもネットで購入できる。
本当にいい時代になりました。

送料かかっても、病院で購入するより安かったです。

パジャマがない

実は、ここ2年の断捨離で、パジャマも捨ててしまいまして。
手術前まではTシャツとジャージで寝てたんです。
夜中に寝汗もかくので、このほうが都合がよかったのですが、これが術後、腕が痛くて着られない。
運良く母のパジャマがあったので、借りましたが、ここでパジャマが必要になるとは思いもよりませんでした。

母が疲れる

本当は、私ものんびり入院していたかったのです。
でも、娘の精神状態も心配だったし、母の体力が心配だった。
でも、母にとってわたしの早い退院は、余計に負担をかけるようで、何度も
「もっと入院していてほしかった。帰ってきたほうが大変だ」
と文句を言われました。
術後間もない私になにかあったらと思うと心配だし、わたしの食事などの世話をしなくてはならないと、かなりのプレッシャーだったようです。
でも、実際は、腕と胸の痛み以外は体力的にも問題なく、腕はリハビリするよう言われているので、多少は動かしたほうがいい。
帰ってきても問題ありませんでした。
でも気疲れさせたようで申し訳なかったです。
本当はどうすればよかったのか。答えは見つかってません。

よかったこと

でも、よかったこともありました。
心配した娘、学校自体は土日挟んで3日しか休まなかったので、すんなり学校生活に戻ることができたんですね。
一番の心配は娘が精神的に逆戻りしてしまうことだったので、乗り越えられたようでよかったです。

まとめ

こんな感じで、術後、意外に困ったことがありました。
でも、上がらない腕もリハビリで改善されるようですし、痛みも徐々に癒えるでしょう。
しばらくの間だと割り切って乗り切ります。

◎ぜひ、応援クリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

乳がんランキング

にほんブログ村テーマ
病気、症状

病気だけど元気だぞっ!(^-^)v
乳がん



◎自己紹介はこちら自己紹介